ワセリンは保湿に使える?

MENU

ワセリンは保湿に使える?

保湿

ワセリンはドラッグストアなどで購入できます。
肌の表面を保湿する効果といったら、ワセリンはとても効果が高いです。

 

ワセリンは基材としても使われていて、リップクリームやハンドクリームなどにも使われていますし、アトピー性皮膚炎などの症状に病院で処方されることもあります。
また、病院でもらう軟膏薬などにも配合されています。

 

ワセリンの元々の原材料は石油で、化学的にも安定しています。
人体への刺激も少ないという特徴があります。
また、種類があります。

 

黄色ワセリンや白色ワセリン、プロペト、サンホワイトという種類があります。
精製度で比較すると、黄色ワセリンは精製度が低く、極めて高いのがサンホワイトです。

 

いずれにしても、ワセリンは表面を油によって蓋をして、水分の蒸発を防ぐことができます。
手のひらで温めるように伸ばしながら、肌に乗せていくことで保湿できますが、ベタべベタします。
コスパも良くとても肌の表面の保湿力は群を抜いて高いのですが、根本的な保湿ケアにはなりません。

 

ワセリンは油で蓋をするだけですから、肌内部の水分を増やすことはできません。
ただ単純に皮膚からの水分蒸発を防ぐ役割しかないため、本来の保湿ケアにはなりません。

 

やはり、本格的に保湿するためにはワセリンよりも、セラミドです。

 

セラミドは肌の表面だけを覆うわけではありません。
肌の深層部にまで入り込み、細胞間を埋めて水分を与えることができます。
これで表面も潤い、肌のバリア機能を高めて肌トラブル対策にもなります。